118枚のデビットカードからぴったりのカードをおすすめ

Debit Magazine

都市銀行

みずほ銀行のおすすめデビットカード(みずほ JCB デビット)のメリット・デメリットのまとめ

投稿日:

みずほJCBデビット

2種類のカードデザインが用意されているおすすめデビットカード

おすすめのデビットカードは、メガバンクのみずほ銀行が発行しているJCBブランドの「みずほJCBデビット」です。

券面のデザインは、「ブルーアーク」と「ホワイトアーク」の2種類が用意されています。

みずほJCBデビットみずほJCBデビット

みずほ銀行のデビットカード『みずほJCBデビット」は、デビット単体カードとなっているので、みずほ銀行の普通預金とは別に店頭またはWEBで申込をする必要があります。

「みずほJCBデビット」の申込みは15歳以上のかた

「みずほJCBデビット」の申込対象者は、次の2つの条件がを満たす方です。

みずほ銀行の普通預金口座を持っている方、またはこれから開設される方

日本国内在住の中学生を除く満15歳以上の個人事業主(事業用)や任意団体を除く個人のかたです。

メリット
「みずほJCBデビット」申込に伴う審査はありませんクレジットカード審査に不安を感じている方、自己破産や債務整理の経歴がある方も安心して申込み可能です。
追加カードとして、ETCカード・家族カードの申込みはできません。
デメリット

みずほ銀行のデビットカードの各手数料

年会費実質無料のJCBデビットカード

「みずほJCBデビット」の初年度年会費は無料です。2年目以降は1,100円の年会費が発生します。

ただし、次の条件のいずれかを満たすかたは、2年目以降の年会費は無料になります。

満23歳以下の方(カード有効期限月の翌月1日時点)

年1回以上「みずほJCBデビット」を利用した方

デビット
利用額に関係なく年1回のデビットカードを利用すると、翌年度の年会費が無料となるので、実質年会費無料といえます。

カード発行手数料は無料

「みずほJCBデビット」の新規カード発行に伴うカード発行手数料および紛失、盗難等によるカード再発行の手数料は、それぞれ無料です。

ATM手数料

みずほ銀行口座入出金に伴うATM手数料は、ATM利用1回につき0円〜220円の費用が発生します。

みずほ銀行の本支店ATM利用の場合

平日(月曜日〜金曜日)の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード>
0:00~8:00 8:00~8:45 8:45~18:00 18:00~23:00 23:00~24:00
220円 110円 無料 110円 220円
土曜日・日曜日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード>
0:00~8:00 8:00〜22:00 22:00〜24:00
220円 110円 利用不可
祝日・振替休日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード>
0:00~8:00 8:00〜23:00 23:00〜24:00
220円 110円 220円

コンビニATM利用の場合

コンビニATMとして、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMが利用可能です。

平日(月曜日〜金曜日)の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード>
0:00~8:45 8:45〜18:00 18:00〜24:00
220円 110円 220円
土曜日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード>
0:00〜22:00 22:00〜24:00
220円 利用不可
日曜日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード>
0:00〜8:00 8:00〜24:00
利用不可 220円
祝日・振替休日の引出し、預け入れ、振込み<キャッシュカード>
8:00〜24:00
220円

振込手数料

振込金額・振込宛先(みずほ銀行同一支店、みずほ銀行他店、他行)・振込方法に応じて、みずほ銀行の振込手数料として0円〜880円の費用が必要となります。

振込金額3万円未満の場合

  三井住友銀行同一支店 三井住友銀行他店 他行
ATM(カード) 無料 110円 220円
ATM(現金) 110円 220円 440円
みずほダイレクト 無料 110円 220円
窓口 220円 330円 660円

振込金額3万円以上の場合

  三井住友銀行同一支店 三井住友銀行他店 他行
ATM(カード) 無料 220円 440円
ATM(現金) 330円 440円 660円
みずほダイレクト 無料 220円 440円
窓口 440円 550円 880円

デビットカード利用方法

「みずほJCBデビット」の利用可能通貨は円通貨のみとなてっています。また、海外ATMで現地通貨を引き出すことができません。

デビットカードで利用できる限度額は、みずほ銀行の普通口座残高または自身で設定した利用限度額のいずれか低い金額となっています。

デビットカード利用代金が普通預金口座から、即時に引落としされます。

デビット
引落しに対して、手数料等の費用は発生しないので、ご安心ください。

デビットカード利用可能時間は制限あり

「みずほJCBデビット」の利用可能時間(日本時間)は、次の通りです。

 月曜日〜金曜日 24時間
 土曜日 0:00〜22:00
 日曜日 8:00〜24:00

注意ポイント

土曜日22:00~翌日曜日8:00、および毎月第1、第4土曜日3:00~5:00は利用できません。

国内ショッピング利用はJCB加盟店

「みずほJCBデビット」は、JCBの国内加盟店で利用することができます。

JCB

「みずほJCBデビット」の国内ショッピング利用限度額は最大250万円

「みずほJCBデビット」の利用額は、みずほ銀行の普通預金口座残高までしか支払いができません。また、国内ショッピング利用限度額を1回、1日、1ヵ月の3つの単位で会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」からいつでも設定することできます。

  設定可能範囲 初期設定
1回 0〜200万円 50万円
1日 0〜200万円 50万円
1ヵ月 0〜250万円 100万円

海外ショッピング利用はJCB加盟店

「みずほJCBデビット」は、JCBの海外加盟店で利用することができます。JCBのマークがある加盟店で、店員にデビットカードを手渡して支払いを完了です。一部利用ができない加盟店もあります。

JCB

「みずほJCBデビット」の海外ショッピング利用限度額は最大250万円

「みずほJCBデビット」の利用額は、みずほ銀行の普通預金口座残高までしか支払いができません。また、海外ショッピング利用限度額を1回、1日、1ヵ月の3つの単位で会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」からいつでも設定することできます。

  設定可能範囲 初期設定
1回 0〜200万円 50万円
1日 0〜200万円 50万円
1ヵ月 0〜250万円 100万円

「みずほJCBデビット」の海外利用時手数料

JCBが定める為替レートに海外事務手数料(3.4%)を上乗せしたレート(所定レート)で円貨換算された金額が普通預金口座から引落しされます。

海外ATMで現地通貨引出し利用は不可

「みずほJCBデビット」は、海外ATMで現地通貨を引き出すことができません。

ネットショッピングで利用可能

ネットショッピングで「みずほJCBデビット」を利用する場合、支払画面で「デビットカード」または「クレジットカード」を選択し、カード番号、セキュリティコード、有効期限を各々入力することで、デビットカードの利用が可能です。

もし、「お支払方法」の選択が必要な場合、「一回払い」を選択してください。

デビットカードが使えない場合

登録型加盟店(カード番号を登録し、継続的に利用額を支払う加盟店)、一部のタクシー、レンタカー、ホテル、高速道路通行料、機内・車内販売、ガソリンスタンド等でデビットカードが利用できません。

「みずほJCBデビット」の利用できない加盟店

土曜日22:00~翌日曜日8:00、および毎月第1、第4土曜日3:00~5:00の時間帯は、みずほ銀行のデビットカードが利用できません。

利用通知メール配信で不正利用の早期発見も可能

「MyJCB」に登録したメールアドレスに、下記の利用通知メールが配信されます。

利用状況の把握や、万が一の不正利用の早期発見にもつながるため、メールアドレスは必ず登録することをおすすめします。

カードご利用通知(利用完了)

カードご利用通知(利用不可)

差額発生通知

差額振替・返金不可通知

請求確定通知

返金額確定通知

メール受信設定

登録したメールアドレスにドメイン指定等で受信制限を設定している場合、「@qa.jcb.co.jp」のドメインが受信できるように、パソコン、スマートフォン、携帯電話を設定を変更してください。

みずほ JCB デビットのお得な特典

0.2%のキャッシュバック

「みずほJCBデビット」には、前々月16日~前月15日までの月間利用金額の0.2%(1円未満は切り捨て)を毎月中旬を目途に決済口座にキャッシュバックしてくれるお得な特典があります。

年会費など一部費用については、キャッシュバックの対象外となっています。
デメリット

みずほマイレージクラブの3つの「うれしい特典」

「みずほJCBデビット」を月1回以上利用することで、みずほマイレージクラブの「うれしい特典」を3つ受けることができます。

みずほ銀行ATM・イオン銀行ATMの時間外手数料が無料になります。通常ATM手数料はこちらです。

コンビ二ATM(イーネット・ローソン銀行・セブン銀行)の利用手数料・時間外手数料(110円または220円)が月4回まで無料になります。

みずほ銀行ATM・イオン銀行ATM・みずほダイレクトの利用時、みずほ銀行本支店宛の振込手数料が無料になります。また、他行宛の振込手数料も最大月4回まで無料になります。通常振込手数料はこちらです。

うれしい特典

ショッピング保険は海外ショッピングのみ

「みずほJCBデビット」を使って海外で購入した商品に破損や盗難等の損害が発生した時、購入日から90日間、年間100万円までの限度にカード利用額(自己負担額1万円)を限度額としてショッピング保険で補償してもらえます。

デメリット
国内で購入した商品はショッピング保険の対象外です。

旅行保険は最大3000万円

旅行費用などを事前に「みずほJCBデビット」で支払った場合、国内・海外旅行中に起きた事故や病気、ケガ等を最高3,000万円まで下記旅行保険で補償してもらえます。

国内旅行傷害保険の保険金額

傷害による死亡・後遺障害 最高3,000万円

海外旅行傷害保険の保険金額

傷害による死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害による治療費用
100万円限度
疾病による治療費用 100万円限度
賠償責任 2,000万円
携行品の損害 1旅行20万円(自己負担額3,000円)/年間100万円
救援者費用 100万円限度

旅行保険の詳しい補償内容はこちらです。

不正利用補償があるので安心して利用できる

「みずほJCBデビット」が、偽造・盗難カードなどで第三者によって不正利用された場合の損害を、60日前までさかのぼって補償してもらえます。

デビット
不正利用補償の利用限度額については、記載がなく不明です。

みずほ銀行のデビットカードのメリット

みずほ銀行のデビットカード「みずほJCBデビット」のメリットを次の通りまとめてみました。

メリットのまとめ

  • 15歳以上の個人の方ならば、審査なしでカード発行できる
  • カードデザインは2種類から選択可能
  • 実質の年会費無料およびカード発行手数料も無料
  • 利用通知メールの即時配信
  • 利用額の2%のキャッシュバックあり
  • 「うれしい特典」で、ATM手数料、振込手数料が無料
  • 海外ショッピング商品に破損、盗難等の補償がある
  • 最大3,000万円の国内・海外保険の補償がある
  • 不正利用補償が付与されている

みずほ銀行のデビットカードのデメリット

みずほ銀行のデビットカード「みずほJCBデビット」のデメリットを次の通りまとめてみました。

デメリットのまとめ

  • 追加カード(ETCカード、家族カード)の申込みができない
  • 海外ATMで現地通貨の引出しができない
  • 土曜日22:00〜翌日曜日8:00の10時間カードの利用ができない
  • 一部のタクシー、レンタカー、ホテル、高速道路料金、機内・車内販売、ガソリンスタンド等の一部JCB加盟店で利用できない

みずほ銀行のデビットカードのまとめ

みずほJCBデビットみずほJCBデビット

商品名 みずほJCBデビット
発行金融機関 みずほ銀行
国際ブランド JCB
利用対象者 日本国内在住の中学生を除く満15歳以上の個人のかた
家族カード なし
年会費 初年度:0円、翌年度以降:0円〜1,100円
※前年度に年1回以上利用または満23歳以下の場合、翌年会費が無料
カード発行手数料 新規発行:0円、再発行:0円
ATM手数料 0円〜220円
振込手数料 0円〜880円
引落可能通貨 円預金のみ
1日あたり利用限度額 国内ショッピング:200万円、海外ショッピング:200万円
海外ショッピングの手数料 JCBが定める基準レートと海外事務手数料(3.4%)を上乗せしたレートで円貨換算
海外ATM利用の手数料 利用できません。
スマートフォン決済 なし
利用特典 キャッシュバック(0.2%)あり
ショッピング保険 国内:なし、海外:100万円
旅行保険 国内:最大3,000万円、海外:最大3,000万円
不正利用補償 利用限度額不明

みずほ銀行の基本情報

本店所在地 東京都千代田区大手町1–5–5
設立 1923年5月7日
金融機関コード 0001
SWIFT/BICコード MHCBJPJT
アプリ みずほダイレクトアプリ(iOS / Android

みずほ銀行デビットカードの口コミ

以上、「みずほ銀行のおすすめデビットカード(みずほ JCB デビット)のメリット・デメリットのまとめ」でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-都市銀行
-

Copyright© Debit Magazine , 2019 All Rights Reserved.